塾って必要?自分に合った塾選びの方法は?

悩む
この記事の所要時間: 719

あなたのお子さんは塾に通ってますか?必要?不必要?

悩む

こんにちは。長年通ってる美容師さんとお話しをしてると最近引っ越ししたとか。以前私も住んでた事がある地域に引っ越されたと言う事もあり話は盛り上がりお子さんの小学校の話になりました。以前住まれてた地域とはなんだか違う感じなのだとか。お子さんは小学生4年生になりある日突然塾に行きたい!と言い出してビックリしたそうです。

子供が行きたいと言うなら行かせるしかないでしょと言う事で子供の言うがまま入った塾がどうも中学受験を視野に入れた進学塾。親子で週3日奮闘しながら頑張ってるそうです。

うちの子2人は小学校は塾に行ってなかったので大変そうだなーと思い話を聞いてました。

コロナ禍により学力格差も問題視されてる中塾の低年齢化も致し方ないのかなぁ
と思いつつ我が家も利用した塾についてちょっと呟きたいと思います。

色んな塾を渡り歩いた渡鳥の娘の場合

つばめ

娘は塾に通う前までは小学校5.6年生は公文に国語と算数を習ってました。公文でも色んな教室があるようでうちの子が通ってた所は小さい子らも交えて勉強をする雰囲気が出来上がった教室でした。なので教室に響くのは鉛筆の音と先生の丸付けの音。途中から塾には中学1年の中間期末テストが終わった頃から焦るように集団の塾に通いたいと言い出したので行くことに。

始めの頃は良かったのですが行ってもなかなか成績は上がらず中学生活と塾の課題で毎日てんてこ舞い。だんだん成績も下がり面白く無くなると自分から辞めてくる始末。親としても心配だったので集団がダメなら個別はどうかと試行錯誤してるうちに高校受験の日はすぐそこに。

私もダメ親で勉強嫌いな子にハッパを掛けて「しなさい!」と反強制的に塾に行かせてました。あの頃の私と娘は塾へ行ったら成績が上がるものだと思ってたようです。

結局の所最終的には個人塾と集団の塾の掛け持ち。それもラストスパートの時に本人が友達と集団塾を申し込んで来たので納得行くようにしてもらいたかった思いからOKを出しました。まー公立校に行くのにどんだけ塾代を支払ったか。結果は志望校合格だったので良かったんですけどね。

高校は全くどこにも所属せず。チョロっと英語塾に通ったけどすぐに退塾。ここでは英単語の覚え方を強制的にさせられた模様。

大学受験では目標が定まってからは目の色が変わり塾は行かない宣言!何故か回り回って公文に直談判。後は学校の先生を巻き込み前日に先生からは手作りのお守りを頂く程に(笑) スイッチが入った甲斐あって見事希望大学に1発合格。

あんだけ色々行った塾はなんだったんだろう…。とりあえず結果オーライということで。

これ!と決めたら一筋。ひたすらコツコツ息子の場合

決定

息子は幼稚園の時も上の子のおこぼれ教材と私の手作り教材で読み書きソロバンはある程度出来る様になってました。小学1.2年の夏から上の子が行ってる公文へ算数だけ習わせてました。計算はすぐ答えが出るのと幼児の時にゲーム感覚で教えてたのでその延長からかトントンと進み小学生で高校過程終了。

それからの英語。本人が中学2年の懇談でちょっとレベルの高い高校に行きたい事をいきなり宣言してビックリ仰天!それから公文と集団塾の両立生活。何度も公文は必要か確認しましたが受験のためではなく入学してからの事を見据えて行ってるとのこと。それも公文は進度具合は本人の実力次第なので受験勉強と同時進行で入学後の勉強をやってるようでした。

公文は8年間お世話になり塾も1校のみでコツコツ。勉強時間で言うと娘の方が机に向かって座ってる時間は長く息子の方は塾でのみやってる感じ。私の中では出来たかどうだかわかりませんが息子の時は反抗期もありなるべく口は挟まないように徹しました。

塾は環境作りにはもってこい。やるかやらないかはどの塾に行っても本人次第

自己責任

色んな塾を渡鳥した娘が言った一言

結局色んなところへ行っても一緒。結局は自分でやるっきゃない。

確かに。ここも自分でカスタマイズするしかないって事かも。育児もそうだけど自分に合った育児書を見つけるのって大変!100%合うやつなんてまず無い。
彼女は遠回りしたけど自分で勉強方法をカスタマイズしたんだなぁと納得

息子の方はそれを幼稚園時代にやってからの公文でスイッチが入ったのかなぁと。小さい時は結果が上手く出ず5.6時間帰って来ない事もありました。2人に共通して言えることは「なにくそ!」と思う気持ちと納得行くまでやり切ると言うことかな。

息子は高校受験最後は色んな学校の過去問を解いて楽しそうに毎日話してました

この時が人と沢山関わって楽しかったなぁ

後は子供を取り巻く環境も大きく影響する事は美容師さんの話から伝わってきました。周りが塾に行き出し遊び相手がいなくなり皆んなが余りにも行くもんだからどんな所かと行ったらビックリしたと。解けずに泣いて帰ってくる時もあるとか。

ウンウン。息子もそうだった!親はご機嫌取りで疲れるんです。
高校生になった彼は最近先輩の影響もありあやふやだった目標が定まったようで参考書を買って頑張りだしました。

予備校の必要性を聞くとまだ早いと。自分でとりあえずやってみてから考えるとのこと。やはりここもマイペースにカスタマイズしてやり方を見出してからの集団なんだなぁと。塾に入れてると親の安心と行ってる間は自分の時間が出来るので余裕も生まれる。それを含めた塾の費用は高いか安いか。

1つ言いたいのはあれこれ口出しをしていたあの頃の私の口にガムテープを貼りたいです。

コツコツは勝つコツ!ファイティーン。

最近の高校生の必需品は電動自転車に進化した

私が高校生だったころはママチャリでの通学が主流でしたが娘の入学と同時に購入したのはPanasonicの電動自転車。高校生の教科書は量が多く通学路が山あり谷ありの坂道が多いこともあり甘やかしてるなぁと思いつつ。学校に到着したは疲れて寝てるわだと意味がないと思いあれこれお店を回ったりサイトを観たりして電動自転車を購入しました。

人気の種類はすぐに売れ切れてしまうので入試で結果が出たと同時に自転車を差し押さえするのをお忘れなく。

電動自転車なんて贅沢なと思っていたけど大学生と高校生の駅までも通学に「ベンツ」と称して休む暇もなく子供たちの「ベンツ」はフル回転。高校生準備品として初めに買っててよかったと思う1品は電動自転車。

どの自転車も全品組立・整備済みすぐ乗れる状態で自宅までお届け。
面倒な自転車の防犯登録も代行してくれます

最近はやりのロードーバイク・電動自転車・通学自転車をお探しの方はこちらへ




ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県(三田市・神戸市・丹波篠山市)を中心にお店やおすすめスポットなどの情報を発信しています。高校生と大学生のラストスパート子育て中。主婦歴20年からなるお役に立てる情報発信中。