突然やってきた在宅ワークのメリット・デメリットとは

在宅ワーク
この記事の所要時間: 518

やってみてわかった案外悪くはない在宅ワーク

在宅ワーク

在宅ワークメリット・デメリット

世の中が新しい働き方の在宅ワークでにぎわっている時は私には関係がなかった在宅ワーク。コロナ禍2年を過ぎたころに突然私にも在宅ワークの機会がやってきました。こうなる前からクラウドで仕事をしていたのですが家にそのまま持ち帰ってもすんなりいかないものですね。四苦八苦しながら過ぎた2週間でした。

よく在宅ワークはお子さんが小さいご家庭や在宅ワークのスペースの確保などが大変だとゆうことを見聞きしていたので在宅ワークと言われた瞬間から身構えてました。

いざ在宅ワークをしてみるとあれれ?!自分が予想していた事とはなんだか違う気がする。仕事のスタイルにもよるだろうけど私の仕事は1日与えられた仕事を自分のペースでこなせばいい感じのスタイル。なのでなんだか平日のお1人様気分を味わえてる感じがするのは私だけ?

そんな2週間続いた在宅ワーク生活で色々気づいたこととは。

在宅ワークはメリット多し?!

在宅ワーク

在宅ワークで1番楽だと思ったことは通勤時間がいらなくなったこと。たった30分程のことだけど私にとって気持ち的にも余裕が出来て1日の過ごす気分が違ったかも。その出来た自分時間でやったことは朝夕犬の散歩を少し長めにしてのウォーキング。特に朝のウォーキングが頭も体も準備運動になり朝活におすすめです。

後はちょうど子供が春休みだとゆうこともありいつもは用意していたお昼の準備をしていく必要がないのも気が楽でした。また今まで料理の機会が少なかった下の子には仕事をする傍ら料理を教えて昼ご飯を作ってもらったりも。

それもこれも気持ちに余裕が生まれたからこそできた事かもしれません。在宅ワークをしてみて1番よかったことは子どもに私の働く姿を見せることが出来たこと

「父親=働く」イメージは自然と持っていたようだけど母親の私が家事以外で働く姿はいまいちピンときてなかったみたい。

なので仕事をしている姿が新鮮で本当に働いてるんだと実感したみたいです。その証拠に上の子は晩御飯や昼ご飯を率先して作ってくれたりと在宅ワーク中は私に優しかったなぁ。お父さんポジション万歳。

【メリット】
・通勤時間の短縮=自分時間が増える
・仕事の合間に家事が済ませる
・宅配物をキチンと受け取ることが出来る
・出勤や帰宅時のバタバタ感がない
・気持ちに余裕が出来る
・子供に働く姿を見せることができる

そうはいってもデメリットもあるよね

在宅ワーク

やっぱり在宅ワークもいいことばかりでは終わらないものでデメリットもあります。子供も春休み中家で1人ホッとする時間がないのが少し不満げでした。ある程度子供も成長すると家に誰もいないホッする時間が大人のように必要になるみたいです。なにかコソコソとやることがあるのでしょうね。

もともと少人数で仕事をしていたので在宅ワークに変わって口寂しさとゆうのはあまり感じませんでした。それでも人とコミュニケーションをとりながら仕事をしている時と比べると発想力がなくなってしまうような気がしました。ついついお家モードのリラックスモードで仕事をしてしまうんでしょうね。

そのせいか在宅ワークに慣れてくると集中することが難しくなるこもしばしば。そんな時は【rajiko】でラジオを聴いたり音声サービスを聴いて気分転換&情報を得るように「耳活」をして集中モードに。

耳活は映像がないので想像力を刺激される気がします。あと、たまにの静けさはいいんですがずっと静かだと孤独感・寂しさが増しますが耳活をすると情報のインプットもあるせいか気が紛れるのも不思議。

【デメリット】
・家族それぞれのお1人様時間の確保するのが難しい
・同僚とのコミュニケーションをとる機会がないので発想力が欠ける
・口寂しくなる
・机や椅子など仕事のスペースの確保が難しい
・集中力が欠けやすい
・家に仕事の道具があると気になる
・部屋が雑然

在宅ワーク中や移動時間の隙間時間に耳をフル活用して自分をアップデートしてみませんか?

オーディオブック

結局在宅ワークと出社のどちらがいいのだろうか?

在宅ワーク

在宅ワークが始まったころは平日の昼下がりの気分で新しいことにワクワクしていました。

そんなワクワクしている私をみて娘が一言

5日で在宅ワークも飽きるよ。
えっ?!なんで?通勤時間がなくなって少し余裕が出来て楽しいんだけど・・・。
私も初めは通学がなくなって嬉しかったけどそうでもない事に気づいたから。

多分ママもそうなるわ

2週間の在宅ワーク体験を終えて思ったことは気兼ねしない在宅ワークと出社のハーフハーフがいいかな。これから色々な働き方が出来る世の中になってきました。私的には子供に働く親の姿勢を身をもって見せれたことが1番よかったかな。

今度自分たちが社会人として働く日がやってくる中での参考になるといいなあ。在宅ワーク中の親御さんも大変でしょうがきっと働く親の姿をいつか思い出してくれる日が来ると思って一緒に頑張りましょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県(三田市・神戸市・丹波篠山市)を中心にお店やおすすめスポットなどの情報を発信しています。高校生と大学生のラストスパート子育て中。主婦歴20年からなるお役に立てる情報発信中。