食器収納のポイントは断捨離ではなくあることがポイントだった

食器類
この記事の所要時間: 552

自分よがりの収納はちらかる原因の1つ

食器棚収納
こんにちは。毎日の家事の中で絶対1日1度はたつキッチン。家族を含めてキッチンに立たない日はないのではないでしょうか。その中でも「食器棚」は家族全員が使用し利用頻度高めの場所。あと食器って色んな形やサイズのものがあり案外しっくり片付かない気がしませんか?

せっかちな私は特に仕事から帰ってきた忙しい夕飯つくりの時にはパパっと手際よく料理を盛り付けたんです。まさに夕方の私は時間に追われてさ殺気立ってる時もあると思うます。

そして寝る前には洗い物を済ませ片付けまでして1日の仕事を終え翌朝はきもちのいい状態でスタートしたいものですよね。そんな毎日を繰り返していると必然的に出来上がったキッチンと食器棚の効率の上がるマイ動線。それにはいくつかのポイントがあったんです。何気ない日常で気づいた手際のいい食器棚収納のポイントをご紹介したいと思います。

使い勝手のよい収納は平置きVS縦置きどちらがいい?

縦置き
今現在あなたの食器棚の食器収納はどういった状態で収納されてますか?食器をグッツに入れて縦て収納してますか?昔私もカゴに入れて収納したり縦て収納したりと迷走しました。

その中で行き着いた収納方法は使い勝手を重視した収納の「平置き収納」をお勧めします。

収納グッツを使った「縦置き収納」は見た目がスッキリして一見便利なようにおもえますが使い勝手を重視したさいにはどうでしょう。?

取り出すときも片づける時も片手でできるでしょうか?お皿1枚出し入れする際に落ちないように片手で抑えたりしませんか?

「平置き収納」の場合はどうでしょう。食器を出し入れする際には上の物から片手で取り出すことができます。またしまう時にも片手で食器の上に重ねるだけ。気づけば平置き収納の場合は片手で作業が出来る収納

なので使い勝手を重視した収納方法でパパっと手際よく動作できる平置き収納をお勧めします。

平置きする際のもう1つのポイントが余裕のある収納を心がけること。
当たり前のようですが食器と食器の間に手が入るぐらいの間隔をあけて収納すると食器を取り出すときあたることなくスッとスマートに出し入れすることできますよ。

物を減らす断捨離よりも食器棚収納には実は大切なポイントがあったんです

収納

よく収納をする際に見聞きするかと思いますが「物を減らす」とゆうこと。「断捨離」をしましょうといわれますが食器収納に関しては実は枚数を減らしても使い勝手のよい収納をするにあたってはいまいち変わり映えしないような気がします。

それより大切なことは2つだけ。

①食器のサイズと種類をそろえること。
②食器の種類を絞ること
この2点に気を付けて平置き収納をした際は上に重ねて収納することが出来るようになります。

上に重ねるので枚数が増えても場所をとることは縦置き収納に比べてありません。私は割れた際や取り皿などに使用するために同じ種類・サイズの食器はなるべく家族の人数プラス多めに購入するようにしています。

食器選びのポイントとは

洗いやすい
私の食器選びの際は食器の洗いやすさ。また食器洗浄機を使用してるので食器洗浄機対応のものをなるべく選ぶようにしています。あとなかなか食器洗浄機の中に食器を入れるのも入れ方1つで洗い残しなどがあるので入れやすい食器を選ぶようにしています。

和食器は食器洗浄機が不可能な物が多く形も独特なものが多かったりする和食器は和食器でまとめて収納しています。となると洗いやすや収納のしやすさを考えるとシンプルな洋食器の方が使いやすいような気がします。私の日常のルーティンは自然と使い勝手の良い食器が1軍で手洗いの必要がある食器は2軍の食器そんな感じで使用しています。

食器棚収納に大切なことは

ポイント
食器棚は台所の中でも家族全員が開け閉めして利用する頻度が高い場所。そうなると自分だけの使い勝手を考えた収納だと逆に悪循環を及ぼすことになりかねません。
誰もが使う場所は誰もが元にあった場所にしまえる収納にすることにより散らからず使い勝手のよい収納をキープすることが出来るのではないのでしょうか。

食器を取り出す→盛り付ける→洗う→しまうの一連の流れがスムーズに流れるのが使い勝手のよい収納。
食器の配置もご自身が使い勝手の良いように1軍の食器よりポジション取りをしてみて下さい。毎日行う作業こそスムーズにしたいものですよね。あなたの食器棚収納が誰でもスムーズに使える食器棚になるヒントの1つになるといいな。

お気に入りのものに囲まれる生活スタイルは心の癒し

最近自分の中で色んな物のの選び方が変わってきてる気がします。若かった頃や子育てで忙しかったころに比べるとお気に入りの物に囲まれて生活していきたいと思うように。
食器1枚買うにしても本当に今の自分に必要なのかじっくり考えるように。また購入する際には「我が家にくる?」と心の中で呟いてから迎えるようにも。

すると必然的にお気に入りの物なので収納場所や扱いにも気を配るようなります。またそんな自分はワクワクしてることに気づきました。あとやっぱり日本製の物がいいなぁ。使い勝手もいいし物がいいきがする。歳のせいか年々こだわりが強くなってる気がするけどそんな自分がまた面白くちょっぴり好きだったりする今日この頃。

お気に入りの物を1点でも見つけると幸せな気分になったりしませんか?

メイドインジャパンのお気に入り雑貨探しの旅はこちら



ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県(三田市・神戸市・丹波篠山市)を中心にお店やおすすめスポットなどの情報を発信しています。高校生と大学生のラストスパート子育て中。主婦歴20年からなるお役に立てる情報発信中。