秋はワクワクがいっぱい。拾うものもいっぱい

この記事の所要時間: 410

収穫・味覚の秋。食育の秋

栗の木
こんにちは。秋晴れの空カラッとした風が吹き抜けると仕事をしたくなくなる私。仕事場は田舎の町の中にあります。
周りは田んぼや畑が多くあり仕事をしてるといつからかご近所の農家のおばちゃま達がお裾分けに来てくれるように。お野菜や自分が作ったご飯の試作品の試食など「食べない?」といって持って来てくれるように。

秋は実りの秋。田んぼの米の収穫が終わった後も色々とやる事が盛り沢山で猫の手も借りたい状態。出勤途中の私にもお声が掛かったのは栗拾いのお誘いでした。「いく!」と即返事。

色んなことを体験できる私の職場。農家のおばちゃま直伝の栗拾いとなんせ剥く手間暇が大変な栗の皮剥きについて紹介したいと思います。。

栗山へGO。とその前に敵はあちこちにひそんでる。気をつけて

銀ギラ
お昼ご飯を食べた後長袖・長ズボン・帽子を装着し戦闘準備完了と自画自賛で待ち合わせの場所で待ってるとおばちゃま参上。「長靴はないの?」と聞かれたけどさすがにそこまで職場にはなし。

スニーカーで足元はお許しが出たけどなんやらアルミホイルみたいな物を手渡されこれを腰に巻いてと。何に使うのか尋ねると薮蚊よけ対策に光る物を身にまとうと随分違うらしい。それも蚊の目眩し対策らしいのです。
半信半疑でそのギンギラ銀の物を腰に巻き凄い出立ちでバケツを持っていざ出陣。山に入る道は草がおおい茂ってる状態。おばちゃま「ここはマムシが出るから私の後を必ずついて来て」。

恐る恐る足元に注意しながらおばちゃまの後をついて行くけどなれない山道置いて行かれそうになりながらなんとか栗の木に到着。そこには樹齢60年の立派な栗の木が2本大きな実を付けて重たそうに立ってました。木に見惚れていたらおばちゃまに「早く取らんと薮蚊がくるで」と一喝。次の敵は薮蚊らしい。

栗拾いは案外簡単。プリッとパッパで直ぐ退散

栗拾い
足元を見るとイガイガを身にまとった栗達が沢山所狭しと落ちていました。おばちゃまの足さばきを見てみるとイガ栗を挟んで栗を押し出しトングで取る。ただそれだけ。

私もみようみまねでやってみるとプリっと案外直ぐ出てくる。面白くなりプリプリ栗をイガから出し拾う事に夢中に。20分程やった頃に撤収の合図が。
これ以上長居すると薮蚊が襲撃してくるらしいのでまた来た道を下山。薮蚊は噛まれると腫れて強い痒みを伴うらしく服の上からも刺すらしいのです。

採れだか万歳。でも栗ってその後が大変なんですよね…

水
バケツいっぱいに採れた栗はそのまま頂ける事に。やったーと思う反面栗って皮むきが大変じゃないですか。これ誰がどうやってするの⁈ここも達人のおばちゃまに聞く事に。まずは虫を栗から出す為に1昼夜水に漬け込んでおく。その後「くりくり坊主Ⅰ」で皮をむくと楽だと。
栗剥き機

早速教えてもらい使わせてもらうとあらやだ!腱鞘炎になるかと思いながら包丁で今まで剥いてた栗の皮むきが一気に解決。
私もその場でポチッとした「くりくり坊主Ⅱ」ⅡはⅠと違い水洗いOK。使用後は食用油を塗って保管。機械も軽くて歯の入れ方により渋皮を残す事も可能。

なんといっても手の疲れ具合が違います。栗の皮むきのために買うのも毎年迷ってましたがいざ使用すると買う価値ありの皮むき機。
皮むき
栗

収穫は私で皮むきは子供達にやってもらって栗ご飯にしようかな。せっかくの秋の味覚。美味しいのは当たり前。収穫は私。皮むきは子供ら担当で家族総出でやってこそ美味しさも増すというもの。

私も子供が小さい時は貸農園を借りて野菜を育ててました。一緒に水やりをしたり野菜の収穫をしたり。その収穫をした野菜で料理をするのも食育の1つ。またその貸農園の用水路にはメダカがいてすくったりして楽しんでました。食を通して大人から子供まで学ぶことは沢山あります。そんな気持ちを思いださせてもらいました。

栗を沢山分けてもらい満足して事務所に帰りふと自分の服を見ると真緑に!くっつき虫までお持ち帰りして来たみたいです。

でも大丈夫。おばちゃまに裏技を教えてもらったので早速やってみる事に。刃物の背でこそぐようにくっつき虫を取ると手で取るより簡単に取れるそう。
確かに分離することなくスルリと取れました。
取り方
秋は楽しい事がいっぱい!私は食欲がいっぱい!

体験はネット派?それとも実践は?

体験=経験を今まではいつでもどこでも機会と行動力があれば出来る思っていましたがコロナ禍では実際に体験することの大切さと難しさを実感しましたね。私は今やりたいと思った事はなるべく早めに実践=体験しようとコロナ禍で思うようになったかな。

早速家族で行くカニ&温泉旅行にいくことに決定。過去の経験を想像するだけでワクワクドキドキしちゃいますよね。皆さんも出来る時に沢山の経験を体験して下さい。

いろんな体験をみたい方はこちらへ



ABOUTこの記事をかいた人

主婦歴20年の経験から誰でも簡単に今すぐ出来る収納&暮らしの方法を教えます。 また、高校生(息子)と大学生(娘)2人の子育てについても呟いてます。 家族の成長と共に変化する収納&家事動線。みなさんのシンプルライフのヒントの1つになれたら嬉しいです。