簡単押入れ・クローゼット収納カビの住みか対策方法

収納
この記事の所要時間: 247

押入れ・クローゼットは収納スペースがいっぱいだけど実はカビが繁殖しやすいんです。

収納
こんにちは。最近の収納はクローゼットが主流になって押入れ収納は少なくなってる気がします。どちらも広い収納スペースについつい物を入れがちになっていませんか?

押入れやクローゼットは風通りが悪く場合によってはカビが繁殖しやすい場所だったりします。私が特に集合住宅の1階に住んでいた頃は衣装ケースに収納していた服がカビていた事も・・・。その際に学んだ誰でも簡単に出来るカビ対策をご紹介したいと思います。

収納する前にちょっと待った!簡単に手に入る1アイテムを用意して

スノコ
押し入れ収納のどこにカビが繁殖しやすいかご存知ですか?私が押し入れを利用してる際にカビを発見した場所は押し入れの中に入れて利用してた衣類の収納ケースや客布団をしまっていた布団の袋など壁に密着してる箇所に繁殖してました。

カビは1度繁殖すると取れないのと独特な臭いがします。その対策として押入れやクローゼットに物を収納する前にちょっと一手間かけるだけで誰でも簡単にカビの繁殖を随分抑えれる事ができるんです。それはとても身近な物です。誰でも簡単に手に入るホームセンターでも売ってる「スノコ」です。

押し入れの場合はスノコを側面と背面に立てかけて利用します。お布団を収納する際は底にもスノコを敷くことをお勧めします。スノコを購入する際はスノコを設置する予定の押し入れの内寸法を測っていかれることをお勧めします。

測る箇所は側面の壁から背面の壁までの寸法・背面寸法・背面から扉までの寸法。各寸法に応じた枚数を押し入れ収納を開始する前の準備として用意しておくことをお勧めします。スノコの準備が出来たら壁に立てかけ床は敷くだけ。ほら誰でも出来て簡単でしょ。そうすることで風の通り道ができて押し入れ収納のカビ対策に。

スノコの代用品として使ってよかった物は段ボールを応急処置として利用するのもカビ対策になりました。その際の段ボールはなるべく丈夫な段ボールを選ぶと持ちはよかったと思います。なぜ丈夫な段ボールかとゆうと層が何層にもなって吸収率が上がるからです。こちらも誰でも簡単に出来ますがあくまで応急処置方法。段ボールが湿気を吸いつくした状態で放置するとまたカビの元になりかねないのでこまめに交換されるかスノコの利用をお勧めします。

収納スペースのカビ対策が出来たら簡単もう一手間を。

対策
スノコを立てかけて風の通り道を作ることができたらこまめに風を通して下さい。例えば私は出かける前に押し入れの端を少し開けたりクローゼットの扉を開けて出かけるようにしてます。こまめに押し入れとクローゼットに風を通していたので引っ越しの際はカビは生えてませんでした。この簡単一手間で収納の管理が随分違ってきました。

この簡単ひと手間で押し入れ・クローゼットのカビが生えなくなったのはもちろんのこと収納ケースの中の服のカビも生えなくなりました。あともう1つカビの繁殖を防ぐ対策として1年に1回でも構わないので押し入れのカビチェックを兼ねたお掃除をすることです。この最後のひと手間で大切な衣類や収納したもののカビ対策に。誰でも簡単に出来るクローゼット・押し入れのカビ対策が皆さんの生活のヒントの1つになると幸いです。