シューズクロークの簡単靴収納とやっぱり誰もが悩む臭い問題解決法

臭い
この記事の所要時間: 313

シューズクロークの簡単靴収納と誰もが悩む手鉄板問題の臭い対策

収納
こんにちは。我が家には下駄箱の代わりに憧れだったシューズクロークを家を建てる際に希望で作ってもらいました。形状はだいたい1畳ほどの大きさに扉を開けると両サイドに天井までの可動式の棚が設置してあります。

はじめは便利だと思っていましたが今まで下駄箱の小スペースに慣れていたため大スペースになると雑然と物を収納してしまいどうしたものかと悩みたどり着いた誰でも簡単に出来るシューズクロークの靴収納の方法を大公開。

あれ?案外収納スペースが足りない⁈大丈夫簡単にこれで解決しました。

棚
シューズクロークという名の通り収納する物は靴がメインに。靴も季節に応じて使用するアイテムなのでその季節に使用する物は玄関にある見せる収納スペースの靴の棚に。季節外れの靴はシューズクロークに収納。それでも家族の靴を従来の下駄箱収納と同じ要領で収納してるとあれ?すぐ棚は靴でいっぱいに。

奥行きはあるのに横幅が下駄箱より狭めのせいか見た目より靴の収納がこのままの使用では棚が足りない感じ。前後に2足ずつ並べてみるものの少し棚の長さが足りない。どうしたものかと悩み色々物色して見つけたのが誰でも簡単に靴収納のベテランになれる 「シューズラック」でした。

シューズラックを棚の上に簡単にポンと置くだけで誰でも上と下で靴の収納が可能に。下の部分には25センチ以上の男性の靴を入れると履き口の部分が当たるので男性用はシューズラックの上に収納。背の低い女性用の靴はシューズラックの下に収納する事で収納スペースが半分で良くなり見かけもスッキリ!ほら誰でも出来て簡単でしょ。

後ここで簡単に出来る一手間掛ける事によって掃除の頻度も減らすることに。靴は汚れてる物が大半なのでシューズラックを設置する前に棚の上に新聞紙を敷いて汚れ防止に。誰でも簡単に出来るこの一手間で掃除の手間が随分省けるようになりました。

靴の収納で誰でも気になる臭い問題はこれで解決

招集
夏場や梅雨時期などムーンとした湿気の多い時期などで気になる問題は収納してる靴の臭い。我が家のシューズクロークは吊扉タイプなので下が開いてる状態。そこからどうも問題の収納してる靴の臭いがもれてくる様子。

市販の消臭剤を購入して試したりもしましたがコスト的にもかかるしなくなり時をついつい忘れて臭うなぁと思うと中身が空っぽの事が何回かありました。そんな時に家の整理をしたら出てきた「備長炭」。備長炭は消臭効果と湿気を取る効果があるらしく早速カゴに入れてシューズクロークに設置。すると気になる臭いが和らいだ気が。備長炭のいいところは天日干しをすると繰り返し使える事。晴れた日は朝玄関を出る時に一緒に持って出て行き日中天日干しをし夕方入れると消臭効果は復活してる感じ。誰でも簡単に消臭効果をアップさせる事ができ繰り返し使えます。

それでも臭い対策が不安な時はパワー倍増で私の家の掃除で活用してる「重曹」。「重曹」には湿気と消臭効果があります。そこに家の庭で栽培してるハーブのローズマリーを摘み取り瓶詰めにした重曹の中へ。簡単消臭剤の出来上がりです。

瓶の蓋はガーゼで包み輪ゴムで止めて収納スペースの片隅へ。重曹が湿気を吸い固くなったらお掃除重曹として使用。もう少し香りが欲しい時は精油を足したり香りを変えたりして調整すると収納スペースの脱臭と玄関の香りつけに。誰でも出来る簡単消臭剤の効果はというとここ何年も消臭剤を購入する必要性を感じずこの「備長炭」と「重曹」で事足りてる様子です。

これから季節が変わり靴も変わりますよね。その際の皆さんの簡単に増やせる靴の収納スペースと誰でも簡単に出来る臭い対策が皆さんの下駄箱とシューズクローク収納のヒントの1つになると幸いです。。