押入れ収納の布団収納以外の簡単活用方法

押し入れ
この記事の所要時間: 242

押入れ収納=布団収納はもったいない

布団
こんにちは。最近はクローゼット収納が主流の中我が家は和室には押入れ収納があります。襖扉の標準使用のものです。

押入れ収納といえば布団のイメージがありませんか?昔はお布団で寝起きしていた頃はこの押入れに布団を収納して使用していました。それが生活スタイルの変化によりベットで寝起きするようになりお布団の収納に利用することがなくなった押入れ。収納スペースとしては大容量。さてさてこの収納スペースどう利用しようかな。
 
我が家の押入れ上段の誰でも簡単収納方法をご紹介したいと思います。

押入れ収納は1階のウォークインクローゼットへ変身

収納
今まで身支度をするのに2階のウォークインクローゼットにいちいち上がって身支度をしていました。これが案外手間でちょっとしたことでも上がるのが億劫でソファーの背中が服置きになることもしばしばありました。そこでリビング横にある押し入れを1階のウォークインクローゼットとして活用することに。

利用するにあたり用意したのはカラーボックスと太めの突っ張り棒とコルクマット。カラーボックスは横置きに設置するため押し入れの内寸法を測り購入しました。

襖を外し押し入れの背面奥に購入したカラーボックスを横置きに設置。突っ張り棒は押し入れ上にある棚の底にあわせて設置しました。下の板間の部分はコルク素材のパズルみたに組み込めるコルクマットのものがサイズピッタリだったので購入しました。そのコルクマットを敷き詰め簡易的ですがこれでクローゼット仕様にカスタマイズ完了。

変身後の押入れ収納スペースの利用方法

収納
私は横置きのカラーボックスの中には本や裁縫道具やアイロンなどの日常使用する物をそれぞれボックスの中に収納。横置きにカラーボックスを置いた事により上の段にも物が置けるます。カラーボックスの上にはファイルボックスに種類別に保管した書類を置いて収納しています。その際ファイルにはマスキングテープでカテゴリーを明記してます。

突っ張り棒にはズボンなどのを掛けて服の一時置き場として使用してます。この突っ張り棒が便利でS字フックを掛けて利用すると小物類など釣って収納も出来る優れもの。布製のカバンやポーチ等を吊って収納してます。

鞄を用途別に私は使い分けています。例えば仕事用・ジム用・パソコン用等。習い事別にわけたカバンを横並びに収納してます。その空きスペースに蓋のついてない収納ケースを用意して趣味のスポーツウエアを俵上に畳んで入れてます。俵上に畳むことによって上から一目瞭然に服を探すことが出来るので今日の気分でウエアを選んでその場で身支度して着ていた服は突っ張り棒に掛けてジム用の鞄をっ持ってそのままGO。

このように1階にウォークインクローゼットの収納が出来たことによって家事をしながら身支度が出来るようになり家事動線が一気に便利になりました。

生活スタイルの変化に合わせて収納方法も変化させることにより一気にシンプルに。生活動線がつながると時間を有効利用することにも繋がりました。
我が家の押し入れからウォークインクローゼットへの収納方法が皆さんの変化のヒントの1つになると幸いです。