固定概念にとらわれない誰でも簡単に出来る脱衣所収納は発想のリメイク法

脱衣室
この記事の所要時間: 351

固定概念とらわれない収納で脱衣室簡単スッキリ収納法

発見
こんにちは。皆さんのお宅の脱衣所はどんな感じですか?お風呂上りはどこで身支度をしますか?うちの脱衣所はお風呂と連携した脱衣所兼洗面所の間取りです。

備え付けの棚は付けておらず元々の収納スペースは洗面所下収納のみでした。引越しの際後から収納棚を設置しようかと考えてましたがその当時洗面所収納に適した物がなく思案していました。

そんな時まだ買って間もないということもありとりあえず持ってきた白色の食器棚。じっくり観察すると脱衣所の色も白。食器棚は引き出しと棚がある。食器棚は食器の収納だけではもったいないかも。ついつい「食器棚」という利用する用途の名前がついていたらそれに特化した収納で使用する事を頭に浮かべてしまいますがそこは斜めから見てみるとあら不思議。

食器棚って収納箇所が多くて食器が収納しやすくなってるだけあって使い勝手も良さそう。しかも棚は可動式だし観音開きの扉もすりガラス使用で中身も見えない。これは使えるのでは?!用途にとらわれない誰でも出来る脱衣室の収納棚発想のリメイク方法をご紹介したいと思います。

お風呂上がりの動線を考えての収納棚利用方法

動線
先ずは脱衣所と洗面所に置いてて便利な物を考えました。私の場合は脱衣所でお風呂上がりに家族全員が身支度が全て完了出来る事がいいと思いました。全てというのはパジャマに着替えて髪も乾かした状態までが脱衣室で全て完了して出てくるスタイルです。いわゆる温泉上がりと同じ要領で家でも出来ることをイメージしました。

後洗面所下収納では洗剤やシャンプーのストックするには少なすぎるのでストック場所の収納も兼ねる事が私の目標とする脱衣所の収納だとイメージが出来たところで棚を利用した収納へ。

各棚への収納のポイントは収納の際の畳み方にあり

たたみかた
我が家の旧食器棚の形状は上下観音開きの扉で真ん中にカトラリーケースなどを入れて使用出来る引き出しが2箇所付いてるシンプルな作り。中の棚は可動式で自分で高さが変えれるタイプ。でもそれは上の棚だけで下は固定式。

下の収納棚には洗剤やシャンプーの在庫品などの収納に。細々した物はファイルケースに入れて収納。旧カトラリーケースの収納場所だった引き出し2箇所。ここは家族の肌着や小物を収納する事に。

その際のポイントは畳み方。両端を先に畳んでゴムの中にクルリと丸め込んで俵状に。そのまま並べて収納する事により一目瞭然になるのと見た目が綺麗に。買い足す時も1つダメになったら処分して買い足すルールで棚から溢れる事もなく無駄買い防止対策はこれでOK。二つの棚はそれぞれ男女別に分けて使用する事にしました。

後はパジャマ類はあえてカゴにも入れず上の収納2段に分けて各自バスタオルと収納。これでお風呂上がりに扉を開けるとささっと身支度出来るようなりました。

小物類の普段使用しないタオルなどは食器棚の内側寸法を測りそれに見合ったサイズのケースに収納。その際のタオルの畳み方は縦長にタオルを持ち三つ折りに。そこから縦に三つ折りにします。例えるならホテルで置いてあるタオルの畳み方でたたみケースの中に縦て収納します。そうする事でこちらも見る管理ができて取り出しやすくもなりました。

バスタオルなど大物も同じく長手にタオルを持って三つ折りにたたんで縦に三つ折りにたたみクルクルと丸めて俵状にしてケースに収納。この畳み方に替えてから上に物が積み上がる事がないのでケースの中身をひっくり返して物を探す事がなくなりました。誰が見ても取り出しやすい簡単収納方法の完成です。

畳み方1つでこんなに生活導線が良くなるとは思いもよりませんでした。たたむ一手間を加える事で探す手間が省け整理整頓する手間もはぶける発見。毎日洗濯物をたたむ際のひと手間を変えるだけで生活スタイルが簡単シンプルスタイルに変身。小さな事かもしれませんがこういった発見と変更をする事で時間を有効に使えるようヒントになるのかもしれません。

食器棚は食器を整理する収納だけでは無く固定概念を捨てて見方を変えるととっても便利で収納要領の多い誰でも簡単便利な洗面所棚にリメイク完了しました。13年経った今でも現役で洗面所収納として大活躍しています。

固定概念を捨てて見方を変える事で家事も楽々になる事を発見させてくれた旧食器棚兼洗面所収納。皆さんのご家庭には眠ってる収納ケースはありませんか?もしかすると別の用途で大活躍するかもしれません。皆さんの生活のヒントの1つになれたら幸いです。