忙しい人の時間を短縮する為にズボラな私でも出来た今すぐ出来る調味料の収納術

調味料
この記事の所要時間: 443

使い勝手を重視した調味料見せないゆったり収納術で得たシンプルライフ

収納
こんにちは。皆さん台所で1番収納で困ってる場所ってどこですか?私はあれこれ増えていく調味料の収納保存です。料理をする頻度や量が増えると調味料も1リットルから1.5リットルのビックサイズになったりと案外収納場所をとる調味料たち。形状もボトルだったり袋だったりと統一されないのも収納されにくい原因だと思います。

皆さんは調味料の収納はどうされてますか?我が家は今毎日お弁当4つ作ったりと食に関してMAX手がかかる状態なので調味料達の量もおそらくMAX状態。。調味料はどこに収納してますか?すぐ目の前に置いて取れる「見えるところ収納派?」それとも台所の上にはおかず「見えない所に収納派?」私は夕方仕事から帰って来ると休む間もなく夕飯の準備に取り掛かったりと大忙しな毎日を過ごしてます。そんな私が選んだのは台所の上には一切調味料は置かない「見せない収納派」。なぜ見せない調味料の収納方法を選んだのかその理由と工夫をご紹介していきたいと思います。

まず調味料の保存場所を選ぶ基準はどこにある?ゆったり収納に適した場所は?

引き出収納
まず調味料を収納するにあたって1番始めに頭に浮かぶことは何ですか?調味料を使う時はどんな時でしょうか?皆さんも一度頭に自分料理する姿を思い描いてみて下さい。台所に立ってイメージしてると見えてきた気がする料理してるじぶんの料理動線が。料理をするときは後ろを振り向くのは冷蔵庫の中身を探るぐらいでコンロに立ったり流しに立ったり横の動きで料理をすることが多いことが判明。となると台所にそった場所に収納するのが1番だとゆうことがわかりました。

となると調味料が多い私に適した場所は流しの下の台所の中で1番大容量の収納場所が適してると判断しました。理由は動線の確保と収納容量。私実はめんどくさがり屋の大雑把なんです。なのでキチンとってゆうのが苦手。おかげで誰でも簡単に出来るゆったり収納が板についてきた今日この頃。動線が見えてきたところでその中身をご紹介しますね。

使用用途にあった保存方法で詰め替える物と容器のまま使用する物。共存収納&時間短の小技ポイントの仕込み方

詰め替え
基本よく使う醤油やみりんなどのボトル類は詰め替える作業が頻繁になるのと常温保存が効くのでそのままのボトルの状態で引き出しの役半分を間仕切りもせずフリーの状態で収納。詰め替えて収納するものと言えば主に粉類とお茶類です。その際の容器を選ぶポイントは縦長で蓋を上からかぶせるタイプの物にしました。色形も揃えるようにすると見た目もスッキリ。

引き出し収納の半分はボトル類の調味料。半分は詰め替えて使用する調味料と詰め替えず使用する袋類の調味料はボックスに立てて収納。そのボックスを間仕切りにして3分割収納にしました。これではとりあえず引き出し収納にしまっただけ。めんどくさがり屋の私はついつい効率化を考え手を抜くポイントを考える癖があるようです。次は料理をする動線目線からの収納+手抜きの中身をお見せします。

ポイント1:料理をしてる時キッチリ収納を心がけてると手際が悪くなると思いここはあえて余裕をもってボトル類はフリー収納スペースに。例えば満員電車に毎日乗ってると気づけば自分の定位置が出来てるようにボトル類達も毎日使ってると定位置が決まってきて料理してても探す手間はあまり感じない事に気づきました。

ポイント2:詰め替えケースには計量スプーンの大小を入れて収納。砂糖・塩・だしの素など軽量して使用することが多いものには専属の計量スプーン大小を各々の中に入れてます。そうすることで使用するたびに洗う手間と軽量スプーンを探す手間が省けてこれも時間短縮に。

ポイント3:小麦粉・片栗粉・カレー粉は100均で発見した「小麦粉ふりふりストッカー」に詰め替えて保存収納。蓋の上にマスキングテープで名前を記入してます。これがとっても便利!ムニエルやお肉に片栗粉などをまぶす時今まで計量スプーンでまぶしたりしてました。そうするとムラが出来で混ぜても固まりがあったりしましたが「小麦粉ふりふりストッカー」を使用すると茶こしで振るったかのようにふんわりまんべんなく粉がかかり直接かけるので洗い物の手間いらず

ポイント4:コンソメやお茶などは収納する際に箱からばらして個々にケースに収納。お茶パックは分けて1つずつにしてケースに収納。このちょっとしたひと手間がお茶を沸かす時などサッと取り出して使用できるので時間短縮に繋がります。

ポイント5:引き出しの下には100均でも売ってる「ずれにくい流し台シート」を敷いて汚れ防止をしてます。このシートを敷いてるとお掃除の手間が随分省かれます

ちょっとした自分への気遣いが時間短縮のポイント

思いやり
調味料をなぜ台所の上に出して収納しないかと言うと掃除の手間が増えるからと思い「見せない収納派」に。1日の台所仕事の終わりに壁から全部拭き終わると台所の綺麗さもキープ出来ます。

収納する時私は使ってる時の自分をイメージトレーニングします。あともう一つ手抜きをする時私が思うことは自分を気遣ってあげることです。どうしたら相手が楽に仕事が捗るか。自分の事を第三者的にみて気遣ってあげたら意外な発見があり手抜きのポイントが見えてくるかもしれません。ある程度ゆとりある収納は臨機応変に対応もしやすくオススメです。めんどくさがり屋の私のゆったり収納法が皆さんの調味料収納のヒントになれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦歴20年の経験から誰でも簡単に今すぐ出来る収納&暮らしの方法を教えます。 また、高校生(息子)と大学生(娘)2人の子育てについても呟いてます。 家族の成長と共に変化する収納&家事動線。みなさんのシンプルライフのヒントの1つになれたら嬉しいです。