キッチン用品の収納は1軍2軍にわける簡単収納方法

収納
この記事の所要時間: 31

キッチン用品の収納は使う物(1軍)と使わない物(2軍)を見極めて誰でも簡単収納

見せる収納
こんにちは。台所って細々した物が溢れてて収納に1番困ったりしませんか?
私の家に友達が遊びに来てよく言われるのが台所がなぜこんなに片付いてるのかという事。基本台所周りに物は置きません。床にも置きません。理由は簡単外に置くと掃除が大変だから。台所周りに物を置いてしまうと油が飛び散りそれにホコリがついてお掃除が大変になりませんか⁈

あと下に物があったり台所周辺に物があると家事動線が動き辛くなるので中に収納して管理してます。そんな私の誰でも簡単に出来る見せないキッチン収納についてご紹介したいと思います。

必要なキッチン用品(1軍)のみ手元の収納に

1軍
キッチングッツは家で結構あったりしませんか?簡単便利グッズだったり菜箸にいったっては一体何本あるのか把握出来ない状態でした。
収納スペースに物が溢れすぎると使用する際に探すことから始まります。そうすると料理の段取りも手間取ることに。そこで考えたのは探す手間を減らす収納方法です。

普段自分が使用するキッチン用品はだいたい決まっていたりしませんか?私は1アイテムにつき1つのみ使用することにしました。そのアイテム達こそが1軍。その1軍アイテムを1か所に収納する事にしました。お玉・菜箸・はさみ・お弁当のアルミやシリコンケース・計量スプーンが私のメインの1軍のキッチンアイテムグッツです。

その1軍用品をコンロに一番近い収納の引き出しに簡単に全て集約して収納。ここはあえて余裕のある収納方法に。

詰めすぎると探す手間が出てきてサッサっと行動に移す事が難しくなるからです。台所仕事は時間との勝負。コンロ側の収納引き出しにしたのもコンロを使用してる時に使う物を主流に収納したからです。

台所仕事は横移動が多いような気がするので台所に沿った収納場所は1軍の今使う道具たちを収納するのみ。
そうする事で無駄がなく料理をしてる時もあれこれ出さず洗って次に使用する癖がつき料理が終わった後の流しもスッキリ片付いてる状態です。

使用頻度の少ないキッチン用品(2軍の)の収納はパックヤードへ

2軍
後の使用頻度が少なめのキッチン用品は後ろにある食器棚収納の引き出しに2軍として収納。100均でも売ってるお箸などを仕切るカトラリーケースを2個買って中にはめ込み用途ごとに収納へ。

使用頻度の少ないキッチングッツを後ろの棚に収納する事により必要な場合は振替るだけで簡単に取り出し可能。食器棚の引き出しは大きめで引出しを引くと一目瞭然にわかります。料理は手際が大切。なのでキッチン用品は動線を意識しての収納にしています。

この2箇所に収まりきらないグッズは買わないようにすらこともマイルール。グッズを1つ購入したら1つ処分する事で収納スペースから溢れる事もなく本当に必要な物しか購入しなくなり節約にも。

見せない収納にすると掃除の手間いらずの簡単キッチンへ

収納
外に出して収納すると油が飛びその上にホコリが被り掃除自体が大変になります。また台所の上に置いて収納しておくと退けて掃除をする手間も増えてしまいます。

1軍と2軍に分けられた見せない収納は用品の無駄買いを防ぐ効果と掃除の手間を省く効果もあると思います。そして誰が使用してもアイテムがわかる台所収納になり主婦が台所の主だった時代は終わり家族主体の台所へと変わったように思えます。

見せないキッチン収納のルールが皆さんのキッチン収納のヒントの1つに少しでもなれれば幸いです。