詰め込み過ぎ冷蔵庫の中身が劇的に変わった収納実践方法

冷蔵庫の中身
この記事の所要時間: 452

食品を収納中に鳴る冷蔵庫のピーピー音を聴くと焦りませんか?

中身
こんにちは。皆さんは食品の買い物はまとめ買い派ですか?それとも毎日買い物に行く派ですか?私はだいだい2・3日分の食材をまとめ買いするまとめ買い派です。買い物中は2・3日分の献立を頭の中に入れて買いもをして回るのでスーパーで知り合いに出会っても気づかない事が多々あります。なぜそんなに必死なんだろうとふと考えました。

買い物中冷蔵庫の中身の食材の在庫と買い物を照らし合わせて買い物をしてるから必死なんだと気づきました。多分知り合いも私と気づいても声を掛けにくいぐらい必死だったかもしれません。そんな調子だったので帰ってからの冷蔵庫の食品を収納する時も必死でした。

その必死さに拍車を掛けてくるのが収納するのに時間が掛かるとご親切に冷蔵庫のドアが開きっぱなしになってないかお知らせしてくれる機能のピーピー音が鳴り響くことです。それを聞くと電気代が無駄だと言われてる気がするのかなんだか焦ってしまうのは私だけでしょうか?焦るとどうなるかとゆうととりあえずドアを閉めてピーピー音を消すことに今度必死になり適当に収納してとりあえずは満足することに。

その満足も一過性の物で次冷蔵庫を開けるとどこに何があるのか把握してないのと詰め込み過ぎて在庫過多の飽和状態の冷蔵庫収納になってしまいます。特にこの負のループは日常生活に追われてて忙しい時に陥ったりしませんか?忙しい時こそスムーズに日常生活を送りたいものですよね。そんなピーピー音に焦らされない忙しい時にこそスムーズに使用できる冷蔵庫収納造りをご紹介していきたいと思います。

冷蔵庫の中身をじっくり観察して常備品と都度買い品を見分けてみよう

朝食

以前の買ってきたものをそのまま積み上げて収納してる状態だと私でも把握しきれてないことが多かったので当然他の人が見ても食材を探しにくい状態でした。そうなると家族も冷蔵庫の中身の物を探しきれず「あれはどこにある?」とよく電話やメールが鳴っていた気がします。私も把握してないことも多かったのでないものと思い込み買い物をお願いしたものの帰って来て冷蔵庫の中身を確認すると実はあったりしたことがよくありました。

これはただ突っ込んだだけで収納整理出来てないから起こる現象。これでは時間と食品の無駄使いになると思い冷蔵庫がピーピー鳴ろうが無視して冷蔵庫の中身をじっくり観察することにしました。そしたら見えてきた!見えてきた!私の冷蔵庫に常にいる常連の商品たちと一見さんの商品がいることが判明。

そこで常連さん達は常備する食品を用途ごとにかごの中に収納し誰でもわかるようにかごの表には収納商品のカテゴリーをマスキングテープに記入しました。かごを購入する際にきをつけることは冷蔵庫の内側寸法を測ることです。サイズを合うものを購入し出来ることなら色も統一したものを用意されると見た目もスッキリするのでおすすめします。

また棚の全部をカゴ収納にしてしまうと応用が効かないので4段中2段をカゴ収納に。残りはフリースペースにしました。それも冷蔵庫に鍋ごと入れたりお弁当の作り置きおかずを入れたりするためのスペースとして開けときます。キッチリ収納するより少し余裕がある収納法のほうが臨機応変に対応が出来き焦って収納することが少なくなった秘訣だと思います。

もう1つはかごの中身をセット収納方法に変えたことで生活動線がシンプルに変化したと思います。以前は朝食の支度1つとってもバターやジャム等必要なものを各自それぞれ冷蔵庫から出し入れして支度をしてましたがセット収納方法に変えたことで動線がシンプルに。

例えばモーニングセットを収納したカゴにはバター・ジャム・ピザソース・チーズをセットしときます。朝食にパンを食べる人は冷蔵庫からモーニングセットをパッと取り出し朝食の準備をします。終わればカゴごと戻す。こうする事でトーストを焼く一連の流れもスムーズに。

動線がシンプルになることによって子供たちが自然と自分たちで朝食の準備をしだしました。バターも以前はあったかどうか不安になりついついストック買いが増えてました。このセット収納方法にする事により在庫の確認も一目瞭然。またなくなりかけた時には誰かが声を掛けてくれるようになり家族で見える化しての在庫管理が出来るようになりました。

冷蔵庫の管理は主婦じゃなく家族の時代へ

ファミリー
ちょっと前までは冷蔵庫の管理は主婦がする物という固定概念があった私。子供たちも成長期になり冷蔵庫の物を自分たちで物色し出した事もあり家にあると思って帰ってきたらなくなっていたことも多々あり再度買い物に行くか急遽メニューの変更を余儀なくされ段取りが狂うことが悩みの種の1つでもありました。

この収納方法にしてから家族各々もどこに何があるのか把握しやすくなり在庫管理も私だけではなく家族で出来るようになりました。そうすると必然的にストックの無駄買いも減り無駄な時間も減った気がします。

何か作業する時には必要なカゴごと取り出ししまうので自然と節電対策にも。収納方法により冷蔵庫のピーピー音が家で鳴り響く回数も減り焦りもなくなりました。

今の私はスーパーで知り合いに会っても私から気づく余裕があるかもしれません。日常生活品の収納は動線を意識した見える化収納に変更することにより在庫確認の分散化と誰でも元にあった場所に直す癖付けをすることが出来るようになった気がします。

そうすることにより今まで追われていた時間が減り自分の時間の確保にもつながった気もします。詰め込み冷蔵庫収納が劇的に変わった実践方法が皆さんの生活スタイルのヒントの1つになれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

主婦歴20年の経験から誰でも簡単に今すぐ出来る収納&暮らしの方法を教えます。 また、高校生(息子)と大学生(娘)2人の子育てについても呟いてます。 家族の成長と共に変化する収納&家事動線。みなさんのシンプルライフのヒントの1つになれたら嬉しいです。