生魚の新鮮さはこれ1枚で簡単にキープ出来ちゃいます。

魚
この記事の所要時間: 423

釣った魚や生魚を簡単に美味しく保存収納する方法

魚
こんにちは。季節の変わり目は魚が美味しい季節でもありますよね。また釣り人達も大忙しの釣りシーズン到来の時でもありますね。私の会社では釣りが好きな人達からイカや新鮮な魚をよく頂きます。またあたりのあった日はその頂く量もお刺身など生の状態で頂くのも限界のくらいの量をありがたいことに頂きます。

なんといっても新鮮なお魚でのお刺身は最高ですよね!そんな釣り好きな人達は魚をさばけない私のためにキチンと毎回処理をして尚且つオススメの調理も伝授して下さります。しかしさっきも言いましたが量がなかなか多いんです。

うーん。やっぱりなるべく新鮮な状態で食べたいので冷凍保存収納はちょっとで済ませたい。果たしてどうやって魚の鮮度を保ちつつ冷凍保存収納でもたせるのか。釣り人達にも逆にオススメしたあるグッツを使った生魚の冷凍保存収納法をご紹介したいと思います。

鮮度を保つために毎日やることは1つだけ

どりっぷ
いつも私が頂く魚は大物が多いのと魚をさばく事が出来ないので短冊状態で頂く事が多いです。その際にどんな生魚の保存でも鮮度を保つ為に毎日やった方がいい処理があります。それはどうしても出てくる「ドリップ」

このドリップの処理を毎日しないと臭いの素に。このドリップがなかなかの臭いのなんのって。ドリップの処理方法は生魚の短冊をキッチンペーパーで包んで出来ればラップに絡んでからジップロックなどの密閉度の高いビニールに入れドリップが出る度にキッチンペーパーを交換します。

でも案外このドリップが頂く短冊が大きいせいか結構量が出てくるので多い日では朝夕替える時もあるぐらい。生魚によりますがマグロなどの熟成させたら旨味が増す魚だと結構手間に感じでくるんですよね。なにか代用出来るようないい物ないかなーって、あったあった!これをキッチンペーパー代わりに使ってみたらどうかな?

身近な物の特性を利用すると簡単便利保存収納に

保存
そうそう。ようは生魚の鮮度を保つ保存収納が目的なので問題のドリップをどう吸収させるかって事。吸収・・・。吸収?!今までドリップの処理の為頻繁にキッチンペーパーを使うので薄手の価格が安いキッチンペーパーを使っていました。

ちょっとお高めの厚手のキッチンペーパーも使ったりしましたが食材用なのでサイズが少し小さめで魚のカマや大きめの短冊を包むには何枚も重ねる必要があり案外コスト高に。結局薄くて安価なキッチンペーパーを頻繁に変える方法になっていました。

ここは発想の転換!別にキッチン用ではなく吸収率のいい使い捨てが出来る物を代用すればいいのでは?!そこでキッチンペーパーの代わりに使用してみたのが車用品で販売されてる「Scott(スコット)のブルーロール」

これは車の洗浄の際に使用するペーパータオル。厚手で吸収率が高くペーパーなのに何度絞っても破れにくい素材で前々から野菜の水切りやアウトドアの時にはこの吸収性と使い捨てという便利さから私の中では大活躍商品です。スコットの良い特性を活かして色んな物に使用してました。なにがいいかと言うとペーパーなのに何度も洗って使用できるという点と高い吸水率。

スコットをキッチンペーパーの代わりに使うようになると1日2回キッチンペーパーを交換していたのが半分以下の回数に。そして大判サイズなので使用枚数も少なくて済みます。普通のキッチンペーパーと比べると少し高めですが先程述べた特性を考慮すると高くない買物かもと思ってます

商品の特性を活かした代用品を使うと思ってる以上の結果に「ありがとう!」

感謝
こうあるべきだという固定概念から脱して中身を自分の目で見るようになると不思議と使い勝手が思い浮かんできます。収納保存はついつい便利グッツに頼りがちになります。そうするとまたグッツが増えて整理整頓の必要性が発生するサイクルに。

なのでなるべく物は増やさずに今ある物の特性にに目をやるようにしてみて下さい。そうすると物の良さが見えてきてまた使用用途がグッと増えてくるはず。あなたの側にもきっとシンプルライフのヒントとなるものが隠れてるかもしれませんよ。

つらい水仕事で手荒れに悩まされてませんか?

手荒れ・ひび割れはちょっとの傷口にもかかわらず手先の仕事が多い日常生活に支障をきたす痛い存在。最近では行く先々でのアルコール消毒で手を酷使してる状態に。そんな毎日頑張り続けている手を1回つけると4時間守ってくれる頼もしい救世主が現れました。

一度塗ると手に薄いベールの膜をつくり菌をシャットアウトしなおかつ保湿効果もあり1日中お肌はすべすべ。1本で「防水・マスキング・防アルコール・潤い・除菌」の4つの効果でコストパフォーマンスも最強!最近手のひび割れでなやんでいたので早速使ってみることに。すると水仕事の度にハンドクリームを塗っていた作業が減ったのとひび割れもベールの膜のお陰でだんだんましになって来ました。今年の冬こそは手荒れとさよならできそうです。

辛い手あれとさよならしたい方で詳しく見たい方はこちらへ



ABOUTこの記事をかいた人

主婦歴20年の経験から誰でも簡単に今すぐ出来る収納&暮らしの方法を教えます。 また、高校生(息子)と大学生(娘)2人の子育てについても呟いてます。 家族の成長と共に変化する収納&家事動線。みなさんのシンプルライフのヒントの1つになれたら嬉しいです。