黒豆が「畑の黒真珠」といわれる理由はキチンとあったんです。

この記事の所要時間: 520

お正月のおせち料理に欠かせない黒豆が高い理由はきちんとあったんです

黒豆
こんにちは。お正月のおせち料理は家で作る派?それとも購入派ですか?おせち料理の1品に欠かせない黒豆。黒豆はタンパク質・イソフラボンが豊富で畑の「お肉」と称されるほど。私の地区ではそんな黒豆を黒くなる直前に収穫して枝豆で食べます。

そんな黒豆はお正月のおせち料理の時期になると結構な価格しませんか?毎年高いなぁと思いしぶしぶ購入していましたがそんな気持ちが実際収穫を体験するとなくなりました。秋のはじめ頃農家のおばちゃまに誘われて黒豆枝豆の収穫にいってきました。驚いたことにあの黒豆になるまでには実は長い道のりがあったんです。

黒枝豆の収穫の時期はほんのわずか。でもこれが最高においしいんです。

グッット
黒豆の苗植えは春の時期から始まり夏はタップリと水を与えすくすくと成長するのを見守ります。白い花が咲き終えると枝にたわわに身が実ります。10月中旬ごろになると豆がぷっくりと膨らみ収穫の時期がやってきます。

この黒枝豆の時期は周辺でもお祭りが開かれ遠方から買い付けに来る人もいるぐらい大人気。青枝豆に比べると実が大きく皮が薄く濃く深いのが特徴です。この1か月くらいの時期にしか味わえません。

この時期の食卓には黒枝豆が必ず並ぶほど。またこの黒枝豆で枝豆ご飯をしたおいしんです。自分好みのおいしさになった頃合いをみて塩ゆでしてサヤごと冷凍すれば1年間黒枝豆を楽しむことが出来ます。

しかしいざ収穫となると大変でした。しっかり生えた苗は抜くことは一苦労。なので大きなハサミで切り1つ1つ枝から豆を取っていきます。ひたすら地味な作業が永遠に・・・。

その際黒枝豆をおいしく食べれるポイントを農家のおばちゃまから教わりました。

黒枝豆のサヤの両端を軽く切り落としておくと塩が中まで浸透して美味しいよ。

収穫と同時に両端を切り落とす作業もやりつつ収穫をしていたらアッとゆう間に1時間が経ちました。それでも収穫出来た量は桶一杯分ぐらい。

これは腰も痛いし手も痛いし程遠い作業だわ…。

黒豆になるまでは長い道のりがあるんです


黒豆は「畑の黒真珠」と称される理由が実はあったんです。それは黒枝豆から黒豆になるまでの長い道のりにあるような気が。黒枝豆として堪能した後は黒豆にするために11月中旬から12月上旬まで置いておきます。

その間に紫色だった黒豆は真っ黒へと変わり緑だった葉っぱも茶色に変わります。枝豆も黒くなると土から掘り起こし枝ごと逆さにして吊るして乾かします。すっかり茶色になり乾燥できたらゴザを敷きその上で黒枝豆の枝をパンパンと叩きつけて黒豆を取り出します。

振り落とされた黒豆を拾い集めまさかまさかの全部手作業。一般で食す分にはここで好きなように調理したらいんですが農家さんたちは出荷する必要があります。ここからが実にもっと地道な作業のスタート。

黒豆にしわや傷がないか1つ1つ目視検査をして優良化に分けて出荷するそうです。

これは思っている以上に大変だぁ!
お正月までに出荷をし店頭に並べると価格が雲泥の差らしいので農家さんたちは秋から大忙し。お正月の黒豆が高い理由の1つなのかもしれません。

フードロス問題は生産者の立場を一度体験してみると少しわかるかも?

問題
色々と便利な世の中になったといえ植え付けから収穫選抜までが全て手作業の黒豆の出荷作業。特にラストの選抜が気が遠くなる作業でした。黒豆が「畑の黒真珠」と言われる由来がよくわかりました。

何気なく手にする商品も立場が変われば見る目も変わります。最近よく耳にするフードロス問題なども一度色んな立場の経験をすると食に対する思いも変わるのではないでしょうか。

子供から大人までバーチャルもいいですがやはりここは実体験で土にふれ実際の収穫物に触れて体験するとなにか感じるものがあるかもしれませんね。今年のおせち料理の黒豆への想いは体験したせいかちょっと違う気がします。

現代人はたんぱく室不足なのは知ってますか?あなたは大丈夫?

お肉もお魚も毎食食べる様に気を付けているから大丈夫だと思っていませんか?実は体の様々な組織はタンパク質が素となっています。内臓・脳・髪・皮膚・筋肉・ホルモン等はタンパク質で出来ています。

でも毎食ステーキを食べるわけにはいかず食事から摂取するにはなかなか難しいですよね。食事から摂取するとなるとカロリーもきになるところ

そこでおすすめしたいのが動物性タンパク質より脂質・糖質が低い植物性タンパク質の「ソイプロテイン」。運動後以外にも健康管理とし摂り入れ美容と健康をサポートすることで美活を習慣化することができます。

最近ちょっと疲れが取れない・髪や肌に張りがなくなってきた・最近なんだか老けて見られがち・仕事が忙しくてご飯を抜きがち・・・心辺りがある方は大豆タンパクに女性に嬉しい3代栄養素亜鉛+鉄+ビタミンCをプラスしたソイプロテインで美活生活おくりませんか?

私も数年前より雑誌でも掲載されたソイプロテインを週に2・3日飲んでいますがなんだか肌と髪の張りとツヤが違う気がして効果を実感中。きな粉味で飲みやすいのですっかり習慣化に。

まずは送料無料5日お試しパックをためしてみて。

美しさ・健康な体つくりが気になる方はこちらへ



ABOUTこの記事をかいた人

主婦歴20年の経験から誰でも簡単に今すぐ出来る収納&暮らしの方法を教えます。 また、高校生(息子)と大学生(娘)2人の子育てについても呟いてます。 家族の成長と共に変化する収納&家事動線。みなさんのシンプルライフのヒントの1つになれたら嬉しいです。