コツをつかめば簡単!最小限ですませる衣替え収納法

収納
この記事の所要時間: 356

季節の変わり目は服を見直すチャンス時

イベント
こんにちは。季節の変わり目になると衣変えのシーズン到来。衣替えといえばなかなかうまくいかない収納・整理の1つではありませんか?特に季節の変わり目は暑くなったり急に寒くなったりとなにを着ていいのか日替わりランチ。この前整理整頓して収納したはずの服を引っ張りだしてまた着て・・・。とゆう経験は1度や2度ありませんか?そんな手間と時間のかかる衣替えを1度考え方をリセットすると最小限の手間暇だけで毎シーズン衣替えが出来る方法をご紹介したいと思います。

衣替えはケースごと交換するのが簡単!

チェンジ
昔の私の衣替え方法はまず季節が変わるごとにいったんタンスの中身を全て出す作業から行っていました。次にこれからのシーズンの服を前年度のサイズの状態で別の収納ケースに保管していた物を出してきます。1部屋に広げてたたみ直しサイズの確認からの作業を家族分やっていました。

男女のきょうだいで子供服のお下がりをそれぞれ頂く機会が多くありました。またすぐに成長することもありセールの時などにお気に入りの物があれば大き目のサイズでも買ったりして結構服が溢れ気味。ある日突然効率の悪さに気が付いた私。閃いたのが収納ケースごとの引っ越しスタイル
ポイントは収納ケースのサイズを全て同じに合わせること

例えばこれから冬に向けての衣替えをするにあたって子供部屋にはズボン・厚手の上の服・合服・下着類4つの収納ケースを常備します。シーズンオフの服を入れる収納ケースは半ズボン、半袖、オーバーサイズ3つの収納ケースを準備。衣替えする際に下着類と合服はオールシーズン必要なのでそのまま部屋に。

やり方は簡単①サイズアウトした物を出し新しいサイズの物と入れ替える。②シーズン物の半袖と厚手ケースをそのまま引き出しだけトレード。その際に同じくサイズアウトの物は出しオーバーサイズの収納ケースから今のサイズの物を補充。③シーズンオフになった夏服の方にも今のサイズの物を補充。下の服も同様サイズアウトと今のサイズの入れ替え作業のみ。
変更なし: それぞれシーズンごとの収納ケースにサイズの入れ替え作業をするだけ。あとは収納ケースの引き出しをシーズンごとに入れ替えるだけ。

大人の服は目で見る管理へ

たたみ方
大人はタンスがあったのでそれぞれ3段ずつ使っての目で見る管理スタイル
シンプルに夏服、冬服、合服に分けて本当に着る物だけを収納。1つ購入したら1つ手放す覚悟で。
そうすると好みも一目瞭然になりコーディネートもしやすくなりました。安いから・これあったら多分便利だしいつか使うだろうなぁと思ってついつい買ってしまう無駄買いもなくなりました。

そうすると好みも一目瞭然になりコーディネートもしやすくなりました。安いから・これあったら多分便利だしいつか使うだろうなぁと思ってついつい買ってしまう無駄買いもなくなりました。
本当にない物で必要な物なのか吟味して買うように。気づけばパンパンだったタンスも常にすっきり。でも不思議な事に目で見る管理に変えてから着る物にそんなに困った気がしないんです。

サイズアウトの服にもうひと手間を

写真
別に避けてたサイズアウトの服はその場で写真撮影。表裏・洗濯表示・タグの写真を商品毎に撮ります。そして1つの収納ケースへIN。
ポイントは皆んなが衣替えをするちょっと前にフリマアプに出品へ。売れた際はそのサイズアウトBOXから出荷準備へGO!
メルカリで得たお金は今シーズン買う予定の被服代にあてるサイクル。サイズアウトBOXに1シーズン置いてみて売れ残った物は市場価値がない物としてここは潔く処分します。

このサイズだけの交換目で見る管理スタイルにしてから無駄な買い物が減りいつしかパンパンだったオーバーサイズの収納ケースは不必要に。家族全員の収納ケースは一定の量から増える事もなくスッキリスタイルに。ある程度成長した我が家の子供たちには自分でサイズ確認等をやってからの必要品の買い出しにいくルールに変更。

このサイズだけの交換目で見る管理スタイルにしてから無駄な買い物が減りいつしかパンパンだったオーバーサイズの収納ケースは不必要に。家族全員の収納ケースは一定の量から増える事もなくスッキリスタイルに。
世の中も変わり今までサイズアウトになって捨てるかお下がりとしてあげてた服もまだまだ市場価値がある事もわかりました。

やっぱり節約は整理整頓からですね!

ABOUTこの記事をかいた人

主婦歴20年の経験から誰でも簡単に今すぐ出来る収納&暮らしの方法を教えます。 また、高校生(息子)と大学生(娘)2人の子育てについても呟いてます。 家族の成長と共に変化する収納&家事動線。みなさんのシンプルライフのヒントの1つになれたら嬉しいです。