「自分たちでできる」お手伝いをするWEB環境つくりをしています。お気軽にご相談下さいね。 詳しくはこちら

楽天カードの「家族でポイントおまとめサービス」でポイ活始動開始!

楽天カードの「家族でポイントおまとめサービス」でポイ活始動開始!
目次

家族カードで貯めたポイントは家族で受け渡しできるんです

楽天カードの「家族でポイントおまとめサービス」でポイ活始動開始!

楽天カードの家族カードは家族1人につき1枚持っているととっても便利。でも1人ずつ使用するとそれぞれがポイントを所有することになりなかなかポイントが貯まりません。

いいえ。楽天カードの家族カードは違います。実は家族間で貯めたポイントはあげたりもらったりすることができるんです。

このサービスの手続きは簡単でとっても便利。家族総出でポイ活始動開始!

家族ポイントおまとめサービスとは

楽天カードの「家族でポイントおまとめサービス」でポイ活始動開始!

まずはお手持ちの家族カードが対象カードか下記よりご確認ください。
対象カードであれば家族でさくさくポイントを貯めてポイ活始動開始!

対象カード
  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天ブラックカード
  • アルペングループ楽天カード
  • その他上記と付帯する家族カード

「本カード⇔家族カード」へ。または本カード会員が同一の「家族カード⇔家族カード」へポイントの受け渡しができちゃいます。

貯めたポイントは50ポイント以上1ポイント単位で移行できます。

貯めたポイントはネットショッピングはもちろんのこと楽天取り扱い店で利用できるのでとっても便利!

家族間で楽天payやクレジット使用で集めたポイントを合算すると結構貯まってちょっとしたお小遣い気分。

ポイントおまとめサービスはこちらへ

楽天カードの「家族でポイントおまとめサービス」でポイ活始動開始!

最近は「ポイ活」という言葉が主流になるぐらいポイント還元でのサービスが多くなっているように思えます。

スーパーでの楽天pay支払いにするとポイント還元とポイント使用も可能で期間限定ポイントも逃すことなく使用できてとっても便利。

またクレジット使用時もキャンペーンのチェックをされることをおススメします。ポイント還元率がアップするキャンペーンが開催されているときは家族でチャンス!

エントリーをするだけで還元率がアップしてお得にお買い物ができちゃいます。1馬力より2馬力3馬力でのポイ活の方がサクサク貯めれてこの物価上昇時の力強い助っ人になってくれるはず。。

決して損することがないポイ活でみなさんも楽しく節約しましょうね。

ボタン1つで家族のポイントおまとめします!

ポイントおまとめサービスをご利用になる前に楽天e-NAVI登録を済ませておいてくださいね。





日常生活のお得情報やサービス・クーポン情報を無料であなたにお届けします。

おでかけソムリエメルマガ

日常生活をよりお得にもっと楽しく過ごすための限定クーポンやおでかけ情報を無料で配信します。
あとやっぱり気になるのは美容と健康情報。いち早く最新の美容と健康情報をお届けしますので日常生活にドンドン取り入れてくださいね。
美容と健康は一心同体。健康であってこそ楽しくおでかけを楽しめ日常生活を送ることができますよね。

こんな方におすすめです

おでかけソムリエメルマガ

気になる度チェック

  • ちょっとお得な情報を知りたい
  • クーポンでお得におでかけ&サービスを受けたい
  • 最新の美容情報をしりたい
  • 健康管理に気を付けている
  • おでかけ情報をしりたい

1つでも気になるチェックがついたのなら無料ですのでまずはお気軽にご登録ください。
ぜひあなたの日常生活をより豊かに楽しむヒントにしてください。

おでかけソムリエ登録フォーム

名前(姓・名) 必須
メールアドレス 必須
性別 必須
郵便番号 必須
楽天カードの「家族でポイントおまとめサービス」でポイ活始動開始!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代からの気になる美容・健康・ファッションなどなど女性を楽しむ情報配信中。40代に突入して揺るぎやすい年齢を実感している中実際体験してみて感じたことを楽しみながらレポートします。

また、関西のお店情報やライフハックなど動画も配信中。おでかけや生活の参考にしてみて下さいね。
チャンネル登録よろしくお願いします。

また、「こんなこと気になる」「これは試してみましたか?」など気軽にコメント下さい。個人差がある揺るぎやすい年齢を一緒に楽しんでいけたらいいですね。

目次